⛔2OC/20C(セカンドオーナーキャンペーン)は詐欺か!広告で目に付く加藤浩二(koji)氏とbitCastle(ビットキャッスル)の怪しい口コミ評判を徹底レビュー!

2020年12月24日

加藤浩二(koji) | 2OC(セカンドオーナーキャンペーン)

どうも、高田です。

ネットビジネスを徹底的に調査検証し、稼げる情報・正しい情報をみなさんにお届けします。

  

【今回の検証オファー】

加藤浩二(koji) | 2OC/20C(セカンドオーナーキャンペーン)

おすすめ度:❌❌❌

  

私が調査した結果、まったく稼げない悪質案件であると判断しました。

登録したら何が起こるのか、この案件の危険な真実をお伝えします。

私が実際に取り組み、稼げている案件はLINEで紹介しています。

ネットビジネスに関する相談も受け付けているので、気軽に連絡してください。

  

高田 副業リーク ネットビジネス詐欺

加藤浩二(koji) | 2OC/20C(セカンドオーナーキャンペーン)は怪しい副業?【徹底検証】

加藤浩二(koji)さんが2OC(セカンドオーナーキャンペーン)というオファーをローンチしています。

ロゴが20Cにも見えるので誤認されている方も多いかと思いますが正しくは「セカンドオーナーキャンペーン」で2OCと読むようですね。

今回は、2OC(セカンドオーナーキャンペーン)が稼げる副業なのか、安心して利用できるのか徹底的に調査します👍

YouTube広告やSNSなどで多く目にする副業広告なので、

気になっている方や登録しようか迷ってる方が多いでしょうが、

焦って登録する必要はありませんよ👍

ご登録後の流れも含めて、注意すべき要点をお伝えしますのでしっかりご確認ください👍

2OC/20C(セカンドオーナーキャンペーン)の内容とは

2OC(セカンドオーナーキャンペーン)(以下、2OCとする)は、セカンドオーナーになって月に40~50万円の権利収入を得ようというオファーです。

概要については既にLPが削除されており、動画広告という形でご存知かと思いますので、ここでは割愛します。

このオファーは既に結果が出ているものの二番煎じですので、その点も含め、見ていきましょう👍

加藤浩二(koji) | 2OC/20C(セカンドオーナーキャンペーン)は詐欺か!【登録検証】

2OCというのは、bitCastle(ビットキャッスル)という暗号資産の取引所のセカンドオーナーになって権利収入を得ようというものです。

取引所での権利収入という事は、取引手数料という甘い汁を吸い続けられるのかと言うと、そう単純な話ではないようです。

というのも、bitCastle(ビットキャッスル)自体が取引手数料無料というとんでもない事をやっている為です。

取引手数料が無料の取引所なんて魅力的じゃないか!"

確かにkoji氏の動画を見て、あの熱量でIT大国エストニアのセキュリティ対策も万全な取引所が云々と言われればそう感じるかもしれません。

しかし、そもそもbitCastle(ビットキャッスル)自体が、悪質なIEO詐欺の温床となっており、

bitCastle(ビットキャッスル)自体もやらかしているのです

bitCastle(ビットキャッスル)は怪しい取引所?

bitCastle(ビットキャッスル)は幾つものIEO詐欺案件に関わって来ています。

HaiCoinやHOROS、B-CASTなんかが有名です

HOROSは2020年初めに出てきてから未だに同じ事を言い続けて被害者を増やし続けています。

また、bitCastle(ビットキャッスル)そのものもCastleという独自トークンで多くの被害者を出しています。それだけにとどまらず、β版運用時には急にサイトをクローズしてみたりと、まともな取引所とは到底言えない危険な取引所であると言えます。

手数料収入が無いのですから、そういった裏稼業でもやらないと利益にならないわけです。

加藤浩二(kato koji)が危険人物って本当?

加藤浩二(koji)自身も、多くの悪質オファーを手掛けていたり、インタビュアーとして動画に出演したりと悪い評判の絶えない人物です。

また、先述のHaiCoinやHOROSにも関わっていますし、ARBコインというbitCastle(ビットキャッスル)が関係する悪質オファーをローンチしています。

ですから、あんなに動画で意気揚々とbitCastle(ビットキャッスル)の魅力を語っていますが、その危険性は充分理解しているハズなのです。

koji氏が危険を承知で稼げると豪語する根拠は?

koji氏が2OC稼げる根拠としているのは、バイナリーオプションです。

2OCに参加し、bitCastle(ビットキャッスル)の独自トークンであるB-CASTを保有することで、

バイナリーオプションのペイアウト率を永続的に最大2.1倍にすることが可能な為、適当に鉛筆転がしでも増やしていけるというのが理屈です。

また、B-CASTを上場時に売却することで5倍の利益を得ることも可能という話です。

そうです。B-CASTは今年3月末~4月にかけて、仏のジョーがローンチしたあのB-CASTの事です。

内容も全く一緒です。

という事は、既に結果が出ているという事です。

仏のジョーに関しては、当時被害に遭われた方が

この世には神も仏も無い事がよく分かった

と言っていたのを思い出します。

という事はつまり、バックエンドもB-CASTの購入と見て間違いないでしょう。

上場すると言っていない、もし上場したとしてもCastleの二の舞になって終わり、というオチが見え見えです。

また、バイナリーオプションについてもB-CASTを使用したものとなるため、

上場しなければ運用自体出来ないわけですので、この時点でおすすめできません。やめておきましょう👍

加藤浩二(koji) | 2OC/20C(セカンドオーナーキャンペーン) 口コミ・評判

加藤浩二(koji)氏に関しては、先述の通り多くの悪質オファーに関わっており、自身もローンチ案件を持っていることから、良い評判を探す方が困難です。

集団訴訟などが立ち上がっても、IEO詐欺の性質上、法的に捕まえることが難しい為、泣き寝入りする他ありません。

加藤浩二(koji) | 2OC/20C(セカンドオーナーキャンペーン) 特定商取引法の表記

現在、特商法の表記を直接確認出来る手段が見つかっておりませんが、

情報によると、JO’S CLUB(JO’S 倶楽部)やHOROSと同じ会社であることが分かっています。

明らかに危険な業者なので安易に近づかないようにしましょう👍

加藤浩二(koji) | 2OC/20C(セカンドオーナーキャンペーン) 検証結果

それでは最後に、「2OC(セカンドオーナーキャンペーン)」に関して

今回の検証結果をまとめていきます。


  1. JO’S CLUB(JO’S 倶楽部)の二番煎じ
  2. bitCastle(ビットキャッスル)自体が悪質IEO案件の温床
  3. 加藤浩二(koji)は過去の悪質な暗号資産関係の案件に多く関係している

以上のことから、2OC(セカンドオーナーキャンペーン)は一切おすすめしません。

世の中に出回っている副業案件やネットビジネスオファーは、残念ながら稼げないものがほとんどです。

中には詐欺まがいの案件も非常に多く出回っており、被害者が後を絶ちません。

むやみやたらに稼げる案件を探しても、優良案件に出遭うことはできません。

焦りは禁物です。まずは正しい情報を手に入れてください。

 

私はネットビジネスで毎月400万円以上の収入を得ています。

実際に私が稼いでいる案件であれば、すぐにでもご紹介できます。

難しいものは1つもありません。ネットビジネス未経験でもすぐに始められる案件もあります。

堅実に稼げる案件で、収入を積み上げていってください。

私くらいの月収であれば、誰でも目指すことができます。

ネットビジネスで稼いでみたい方は、お気軽にメッセージしてください。

友だち追加

 

ラインでは毎日たくさんの方からメッセージをいただいています。

案件の相談や、ネットビジネスへの不安など、1人ひとり悩みや想いは違います。

それでもネット収入が増え、生活にゆとりができ、人生がプラスの方へ進んでいるという声を聞くと、みなさんと繋がることができて良かったと日々感じています。

 

まずは些細なことでも構いません。私を頼ってください。

ライフコーチの経験と、ネットビジネスの知識で、私がしっかりとサポートします。

・ネットビジネスで稼ぎたい

・1人で始めるのは不安

・苦しい生活から抜け出したい

・時間とお金にゆとりが欲しい

以前私もこのような想いを抱え、手助けしてくれる人がいたからこそ、今の私があります。

遠慮はいりません。私がいるので心配も無用です。

最初の一歩を踏み出したいという想いがある方は、友だち追加からどうぞ。

友だち追加