副業

フィッシング詐欺に遭わないためのポイント10選!詐欺の手口や被害例も解説!

フィッシング詐欺に遭わないためのポイント10選!詐欺の手口や被害例も解説!

どうも、高田です。

今回は、フィッシング詐欺に遭わないためのポイント10選と、詐欺の手口や被害例についてお話していきます👍

高田

フィッシング詐欺は年々巧妙な手口になってきているので、自分は大丈夫と思わずしっかり対策を行いましょう!

副業リークでは皆さんが気になっているネットビジネスや、悪質な副業や投資に騙されないようわかりやすく解説しています。

また、ライフコーチで培った経験を活かし、皆さんが稼ぐためのサポートを行なっています。

私が実際に取り組み、稼げている案件はLINEで紹介しています。

ネットビジネスに関する相談も受け付けているので、気軽に連絡してください。

高田 副業リーク ネットビジネス詐欺

フィッシング詐欺とは

フィッシング詐欺は、悪意のある第三者が、被害者を欺いて個人情報や機密データを不正に入手しようとする手法の一つです。

一般的には、正規の組織やサービスを模倣したり、信頼性のあるコミュニケーション手段を悪用して被害者を誘導します。

主な手口には、偽のメールやメッセージを通じた攻撃、フィッシングサイトの誘導、ソーシャルエンジニアリングなどがあります。

詐欺者はリンクを含む偽のメッセージを送信し、被害者を誤って偽のウェブサイトに誘導します。

これにより、銀行口座情報、クレジットカード情報、ログインIDなどの個人情報が盗まれます。

また、ソーシャルエンジニアリングでは、詐欺者が信頼を構築し、被害者に情報を提供させる手法が用いられます。

企業や政府機関の名を借りたり、緊急性を強調して不審なリンクをクリックさせるなど、巧妙かつ巧妙な手法が展開されています。

フィッシング詐欺の被害例には、銀行詐欺、クレジットカード情報の盗難、企業の社内情報への侵入、偽の公共機関からの詐欺、SNSアカウントの侵害などがあります。

これらの手法は日々進化し、新たな手口が出現するため、個人や組織は常に最新のセキュリティ対策と注意を払う必要があります。

特に、不審なリンクやメッセージに対しては慎重な検討が欠かしてはいけません。

セキュリティ意識の向上と正規な手続きへの適切な対応が、フィッシング詐欺からの保護に重要です。

フィッシング詐欺の手口について

フィッシング詐欺の手口は大きく分けると、

  • メールやメッセージ
  • ソーシャルエンジニアリング
  • フィッシングサイト

の3つのパターンであることがほとんどです。

メールやメッセージ

攻撃者は銀行、クレジットカード会社、オンラインサービスなどを装い、リンクを含むメールやメッセージを送りつけます。被害者がこれにアクセスすると、偽のサイトで個人情報が盗まれます。

ソーシャルエンジニアリング

攻撃者は被害者に対して信頼を築き、情報を引き出すために偽の情報や話を作り出します。

フィッシングサイト

本物のサイトを模倣した偽のウェブサイトでログイン情報やクレジットカード情報を要求します。

フィッシング詐欺に遭わないための10のポイント

フィッシング詐欺に遭わないための10のポイントをまとめました。

メールやメッセージの巧妙な見極め

フィッシング詐欺の一般的な手法は、リンクを含む偽装メールやメッセージを送りつけ、個人情報をだまし取ることです。

正確な差出人を確認し、リンクを開かないようにしましょう。

特に銀行やオンラインアカウントからのメールは、公式な手段で確認することが必要です。

高田

極稀にメールの差出人情報が公式のものと全く同じ場合があるので注意!

公式な差出人である場合は一見すると公式からメールが送られているとしか見えませんので注意が必要です。

しかしメールの文章に違和感があったりする場合が多く、緊急を要するような焦らせるようなメールであれば、フィッシング詐欺の可能性が考えられるので、公式の確認の連絡を行うと良いでしょう。

リンク先のURLを確認

不審なメッセージやメールに含まれるリンクを開く前に、URLを確認しましょう。

本物のサイトと比較して違和感を感じる場合はアクセスを避けましょう。

例えばAmazonのフィッシングサイトであれば、本家のURLは【amazon.co.jp】ですが、【amazon.co.jp.XX】といった具合に本家のURLに似せるようなことが多いです。

また、URLの一部が変になっている場合や、セキュアな接続(https://)が確認できない場合も注意が必要です。

慎重なログイン情報の提供

本物のサイトでログイン情報を求めるメッセージが急に届いた場合、直接ウェブサイトにアクセスして情報を提供するようにしましょう。

メールやメッセージを通じて直接ログイン情報を入力するのは避け、サイトへのアクセスはブラウザのブックマークや直接入力で行いましょう。

高田

本物のメールだと思って安易にURLを踏まないことが大事です。

二要素認証を活用

可能であれば、重要なアカウントやサービスでは二要素認証を有効にしておきましょう。

これにより、不正ログインを防ぎます。ログイン時に追加の認証手続きが必要なため、セキュリティが向上します。

高田

二段階認証が使用できるサービスは絶対に利用しましょう。

極稀にですが、二段階認証を突破する詐欺リンクも存在するようなので、た正しいURLなのか併せて確認するべきです。

セキュリティソフトの導入

信頼性のあるセキュリティソフトを導入し、最新のウイルス対策ソフトウェアを使用しましょう。

これにより、フィッシングサイトや悪意あるコンテンツから保護されます。

定期的な更新とスキャンを実施し、潜在的な脅威に対処しましょう。

教育と訓練

自身や組織のメンバーに対して、フィッシング詐欺の手口や防止策についての教育と訓練を行いましょう。

慎重なオンライン行動が重要であり、新たな手口にも迅速に対応できるよう意識を高めることが重要です。

不審な連絡に対する慎重な対応

不審な電話、メール、メッセージに対しては、相手の正体を確認するために連絡先を自分で調べ、確認を行います。

急な要求や脅しには冷静に対処し、相手の身元を確認することが重要です。

高田

若い人は知らない番号は絶対に出ないで、かかってきた番号を調べるみたいですが、私もそうしています。

大体は何らかの営業電話なのですが笑

情報の適切な共有

個人情報や重要なデータは、信頼性のあるサービスや相手にのみ提供します。

SNSやオンラインフォーラムで慎重な情報の共有を心がけましょう。

特に、個人的な情報は公にしないよう留意します。

高田

基本的なネットリテラシーは持っておきましょう。

緊急性に惑わされない

フィッシング詐欺はしばしば緊急性を強調してきますが、急な要求に対しても冷静に対処し、慌てずに行動します。

不審な連絡があった場合は、焦らずに事実確認を行います。

全く自分が利用していないサービスであれば、騙されないと思いますが、自分が普段利用しているサービスである場合は注意が必要です。

宅急便の不在連絡を模したフィッシングなんかでは、勘違いしてURLを踏んでしまったという人も少なくないようです。

定期的なセキュリティチェック

定期的にアカウントのアクティビティを確認し、不審な動きがないかを確認しましょう。

不正アクセスを早期に発見できれば、被害を最小限に抑えることができます。

セキュリティ意識を常に保ち、定期的なパスワード変更も行いましょう。

高田

私はログイン履歴が見れるサービスなら、変なログイン履歴が無いか定期的にチェックしています。

以上のポイントを実践することで、フィッシング詐欺に対する警戒心を高め、安全なオンライン環境を確保することができます。

適切な対策を講じることで、個人情報や資産を守りましょう。

フィッシング詐欺の被害例

フィッシング詐欺の被害の例をまとめていきます。

銀行詐欺

被害者に対して、銀行を装った偽のメールが送られ、緊急性を強調して口座情報の更新やログインが求められます。

被害者がリンクをクリックしログイン情報を入力すると、これが詐欺者に渡ります。

盗まれた口座情報は、特殊詐欺犯罪グループを通してお金を引き出される場合や、高額な支払いに使用される場合がほとんどです。

クレジットカード情報の盗難

偽のオンラインショップや支払いサイトを装ったメールが送信され、被害者がカード情報を入力すると、これが詐欺者によって不正利用されます。

また海外の怪しいサービスなんかで使用してしまってもカード情報が流出することがあります。

高田

被害を抑えるには怪しいサイトでカード情報を入力しないことですが、カードの設定で海外利用をNGにしたり、決済上限を設定しておくといいでしょう。

企業の社内情報への侵入

社内スタッフを装ったメールが送られ、偽のログインページにアクセスさせられた従業員が企業の重要情報を漏らしてしまうという事例も報告されています。

昔はマルウェアなどのウイルスに感染して情報が流出することがありましたが、今はこういったフィッシング系での情報漏洩が多くなってきています。

偽の公共機関からの詐欺

税務署や政府機関を装った偽の通知が送られ、被害者が個人情報を提供すると、これが詐欺者によって悪用される可能性があります。

コロナ過の時は、実在しない【架空のなんちゃら還付金を受け取れる】といった手口が多かったようです。

送られてくる郵送物やメールなどの中身が正しい内容であるのかしっかり確認することが重要です。

SNSアカウントの侵害

友達やフォロワーを装ったメッセージが送信され、偽のログインページへ誘導されたユーザーがアカウント情報を入力すると、アカウントが不正に操作されることがあります。

このようにしてハッキングされたSNSアカウントはダークウェブで売られたり、フィッシングサイトの広告を出す捨て駒のように使用されるようです。

高田

以下のような詐欺案件も、ハックされたSNSアカウント経由で広告が出稿されていたようです。

これらの被害例からも分かるように、フィッシング詐欺は様々な手法で行われ、慎重な行動が必要です。

特にリンクやメッセージに注意を払い、正規の手続きを踏むよう心がけることが重要です。

まとめ 巧妙なフィッシング詐欺に騙されないように注意しましょう

この記事ではフィッシング詐欺の被害に遭わないためのポイントや手口について解説しました。

フィッシング詐欺は巧妙になってきており、不審なURLにアクセスしただけで被害に遭ってしまうこともあります。

ですので自分は大丈夫だと油断せず、常に詐欺のリスクが無いか徹底することが大事です。

フィッシング詐欺は【簡単にお金が稼げる】という内容であることが多く、お金に切羽詰まっていたり、困っている人が詐欺業者に騙されやすい傾向にあります。

世の中に出回っている副業案件やネットビジネスオファーは、残念ながら稼げないものがほとんどです。

中には詐欺まがいの案件も非常に多く出回っており、被害者が後を絶ちません。

むやみやたらに稼げる案件を探しても、優良案件に出遭うことはできません。

焦りは禁物です。まずは正しい情報を手に入れてください。

私はネットビジネスで毎月500万円以上の収入を得ています。

実際に私が稼いでいる案件であれば、すぐにでもご紹介できます。

難しいものは1つもありません。ネットビジネス未経験でもすぐに始められる案件もあります。

堅実に稼げる案件で、収入を積み上げていってください。

私くらいの月収であれば、誰でも目指すことができます。

ネットビジネスで稼いでみたい方は、お気軽にメッセージしてください。

副業リーク

LINEでは毎日たくさんの方からメッセージをいただいています。

案件の相談や、ネットビジネスへの不安など、1人ひとり悩みや想いは違います。

それでもネット収入が増え、生活にゆとりができ、人生がプラスの方へ進んでいるという声を聞くと、みなさんと繋がることができて良かったと日々感じています。

まずは些細なことでも構いません。私を頼ってください。

ライフコーチの経験と、ネットビジネスの知識で、私がしっかりとサポートします。

  • ネットビジネスで稼ぎたい
  • 1人で始めるのは不安
  • 苦しい生活から抜け出したい
  • 時間とお金にゆとりが欲しい

以前私もこのような想いを抱え、手助けしてくれる人がいたからこそ、今の私があります。

遠慮はいりません。私がいるので心配も無用です。

最初の一歩を踏み出したいという想いがある方は、友だち追加からどうぞ。

副業リーク

副業リーク

\ よく読まれている記事です👍 /
クリックするだけで稼げる方法一覧
AIアプリを使って副業で稼ぐには

メルマガ始めました👍

厳選された稼げる情報をお届け!

  • 経験も、スキルも、パソコンもいりません👍
  • 初心者でも始められる簡単な仕事多数👍
  • 年齢も性別も、時間も場所も問いません👍

\ 登録者限定の特別情報も /